面接が心配

就活や転職で必ずあるのが面接です。特に逆質問の場面でどうしたら良いか困ってしまう人のために逆質問の初歩的な知識について紹介します。

絶対採用されたい!逆質問で面接に勝とう!

男性

逆質問の基本

面接の逆質問はその場で考えるという人も多いかもしれませんが、逆質問は事前に考えておくほうが賢明です。もちろん、一つだけではその場の状況に合わないことがあるので数パターン用意しておきましょう。また、質問と同時に意欲やメッセージを伝えられると好印象です。例えば、自分の今までの実績と合わせて入社までにどのようなスキルや知識が必要なのかという質問は意欲もアピールできますし、今までの実績も同時にアピールできますよ。どうしても思い浮かばない時は質問が無いことを伝えた後、「ぜひ御社にご縁があればと思います」と締めくくると印象はいいです。

面接官が説明したことを聞き返すのはNG

逆質問ではその人の理解能力も問われています。面接官が事前に説明したことや会社のパンフレットを見て理解できることを聞き返すのはNGです。理解力や勉強が足りないと思われてしまいます、また簡単な質問ではなく話が盛り上がるような質問を心がけましょう。面接官個人のエピソードを聞くのも効果的です。また、基本的に逆質問ではコミュニケーション能力も試されていることを頭に入れておくといいですよ。しないほうが良い質問としては、待遇面や残業などを聞くのもあまり印象はよくありません。気になる部分は違う方法で確認するようにしましょう。

広告募集中