求人は小まめにチェック!出版業界で働く方法!

やりがいのある仕事

出版業界はとても忙しい業界ですが、その分のやりがいを感じている人も多いです。自分の携わった雑誌や本が完成すると日頃の苦労が報われる職業でもあります。また、本が大好きだから出版業界を志望しているという人が多いので、誰よりも早く出版される前の本を見ることができるのが魅力という人もいます。また、自分の携わった本がベストセラーになって多くの読者に読まれることを目標とすることや普段会うことのできない作家にであえるなど、出版業界ならではの魅力は沢山あるのです。

出版業界で働くにはどうすればいいの?

出版業界と言っても職種はたくさんありますので、まずは自分がどんな職業で働きたいか考えてみましょう。編集者をはじめ、デザイナーやライター、一般職では経理や営業など自分に合った職種を見つけられるはずです。また、出版業界では沢山の人が関わるので、コミュニケーション能力が高い人も求められています。大学卒でないと就職できないのではないかと心配する一もいるかもしれませんが、学力よりも企画力やアイディア次第で入社可能な業界ですので、ネット等で求人を見つけたらすぐに応募してみることをおすすめします。アルバイトであれば、意外と求人は多く、アルバイトから正社員登用を目指す人もいます。アルバイトでは資料整理や電話応対など、編集者の補助が中心になりますが、出版業界の内情を知ることができるので、魅力も大変さも理解した上で正社員登用を目指せるのは大きな魅力です。また、出版業界経験者であれば優遇されるという会社もあります。基本的に時給は1000円以上で高く設定されていいるので、これを機会に憧れの出版業界のアルバイトに応募してみてはいかがでしょうか?

広告募集中